Art & Science Laboratory

Yoichi Nagashima

nagasm.org


If you cannot read this webpage correctly, please set [EUC-JP] character-set into your browser. Still if your computer cannot display this webpage correctly, please install Japanese language environment into operating system of your computer. If you cannot understand this webpage correctly in spite of having coped with it, please study Japanese language hard. Or, please use Google Translate ( EN DE RU FR IT TW NL EL DA HU FI BG PT LA KO CN ). Thank you.


([nagasm.org] started in 1999)

(Web-Page started in 1995)

(ASL was founded in 1991)

<---- Recommend !! ---->

    1. profile - Yoichi Nagashima

    2. 長嶋洋一 プロフィール

    3. 静岡文化芸術大学1106長嶋研究室

    4. 続・Max7日記

    5. 筋電センサ

    6. Sabbatical 2016

    7. コンテンツクリエイターのための著作権フリー音楽クリップ生成システム

    8. NIME2004

    9. 音楽的ビートが映像的ビートの知覚に及ぼす引き込み効果

    10. 作るサウンドエレクトロニクス

    11. SUACインスタレーション

    12. Computer Music作品の記録(YouTube)

    13. 電子音響音楽作品

    14. 単行本(単著) / 単行本(共著)

    15. Max7日記

    16. postGainer日記

    17. Max6日記

    18. Myo日記

    19. mbed日記

    20. Xcode日記

    21. Propeller日記

    22. Raspberry Pi 日記

    23. SuperCollider日記

    24. Processing日記

    25. PureData日記

    26. Arduino日記

    27. VPP

    28. 海外渡航歴

    29. 「靄夜」(もや)

    30. ジャミネータと遊ぼう

    31. 新楽器「GHI2014」

    32. 電子十二影坊

    33. グロッケン音色の利用に関する考察

    34. 聴覚的クロノスタシス

    35. 音律について

    36. MIDIについて

    37. スケッチングとは? SUACの事例紹介など

    38. インタラクティブアートの統合的システム・プラットフォームとしてのMax/MSP

    39. ブレスセンサー今昔

    40. バイオフィードバック療法セミナー(1)

    41. バイオフィードバック療法セミナー(2)

    42. SUAC Installation

    43. 「ドラえもん」シリーズを作ろう

    44. メディア・デザインの進展とその未来

    45. 改造による新楽器の創造

    46. 「即興」に関して

    47. アーティストのための汎用センサ自作応援講座

    48. 筋電センサ"MiniBioMuse-III"

    49. 電気刺激フィードバック装置の開発と音楽パフォーマンスへの応用

    50. 新しい筋電楽器のための筋電情報認識手法

    51. 新しい筋電楽器のジェスチャ・表現の検討について

    52. コンピュータ音楽における「時間」

    53. ネットワーク時代のコンピュータ音楽

    54. 筑波大学 特別講義2007

    55. 筑波大学 Sketchingワークショップ2015

    56. 京都市立芸術大学 2014電子工作ワークショップ (1) (2)

    57. 京都市立芸術大学 2015 Arduinoワークショップ

    58. 京都市立芸術大学 2015 「Arduino2Max」ワークショップ

    59. 「互動藝術展演」國際學術研討會 基調講演

    60. Tsukuba Univ. Lecture 2007.07.11

    61. SYNC.2010 Lecture (1)

    62. SYNC.2010 Lecture (2)

    63. SYNC.2010 Lecture (3)

    64. ハンドロールピアノをMIDI化してみました

    65. 壊れたiPodを修理しました

    66. Sensors for Interactive Music Performance

    67. オリジナルMIDIセンサを作ろう

    68. MIDI日曜大工日記

    69. メディア・アートと生体コミュニケーション

    70. インタラクティブ・メディアアート

    71. Computer Music Magazine連載「音楽情報科学の世界」

    72. Max前夜

    73. DVから記録したDVDの「音ずれ」を考える

    74. ベルリナー式円盤蓄音機

    75. クラシック音楽とコンピュータ音楽

    76. 8 days Diary of Kyma Beginner

    77. いろいろなサウンドファイルフォーマット

    78. AKI-H8による呼吸センサ

    79. 「なでなで」センサ

    80. 「いじいじ」センサ

    81. 音素材の生成

    82. 身体情報と生理情報

    83. SCANNED SYNTHESISのための身体動作コントロール

    84. 音楽/芸術表現のための新インターフェース

    85. アルゴリズム作曲

    86. Max/MSPとKymaとLabVIEWによる音響処理について

    87. サウンドによる映像酔いの抑止に向けて

    88. MiniBioMuse-I

    89. MiniBioMuse-II

    90. MiniBioMuse-III

    91. 宇宙人音楽と人体音楽

    92. PiriPiri-0

    93. PiriPiri-1

    94. PiriPiri-2

    95. PiriPiri-3

    96. PiriPiri-4

    97. 生体センサによる音楽表現の拡大と演奏表現の支援について

    98. "It's SHO time" --- An Interactive Environment for SHO(Sheng) Performance

    99. 楽音合成アルゴリズム

    100. メディアアートにおける画像系の制御について

    101. 新・筋電センサ "MiniBioMuse-II"

    102. Indyフリーウェア集

    103. 「時間縮小錯覚」の実験

    104. Sensor@ComputerMusic

    105. 実録・笙ブレスセンサを作る

    106. コード理論講座より

    107. MIDI merger

    108. センサを利用したメディア・アートとインスタレーションの創作

    109. PowerGloveの解析

    110. 生体センサなど

    111. 生体センサとMax4/MSP2による事例報告

    112. AKI-80

    113. センサとマイクロエレクトロニクスの概要

    114. MiniBioMuseの中身を見よう

    115. インタラクティブ・アートのための技術講座

    116. AKI-H8

    117. マルチメディア生成系におけるプロセス間情報交換モデルの検討

    118. PGS (Polyagogic Graphic Synthesizer) の検討

    119. Chaos理論とComputer Music(1)

    120. Chaos理論とComputer Music(2)

    121. MIDI音源の発音遅延と音楽心理学実験への影響

    122. メディア・インスタレーション作品「森海」システム解説

    123. MIDIスイッチボックス

    124. Parallel Processing Platform for Interactive Systems Design

    125. マルチメディア・インタラクティブ・アート開発支援環境と作品制作・パフォーマンスの実例紹介

    126. 作品系FLASHコンテンツの分類と傾向について

    127. 作品系コンテンツのための自動作曲システムに向けて(1)

    128. 作品系コンテンツのための自動作曲システムに向けて(2)(3)

    129. 作品系コンテンツのための自動作曲システムに向けて(4)

    130. 著作権フリーBGM自動生成システムの拡張について(1) - FMC3からの発展 -

    131. 著作権フリーBGM自動生成システムの拡張について(2) - FMC3からの発展 -

    132. 日本音楽即興学会第1回大会・抄録掲載用原稿

    133. そのプレゼンPDF↑

    134. 未踏

    135. 1106研究室 2000年11月23日の風景

    136.  ↑2001年5月5日の風景

    137.  ↑2001年12月9日の風景

    138.  ↑2002年4月4日の風景

    139.  ↑2002年7月18日の風景

    140.  ↑2002年10月19日の風景

    141.  ↑2003年4月1日の風景

    142.  ↑2005年12月26日の風景

    143.  ↑2006年7月15日の風景

    144.  ↑2008年5月18日の風景

    145.  ↑2010年7月9日の風景

    146.  ↑2015年1月21日の風景

    147.  ↑2015年6月22日の風景

    148.  ↑2015年6月24日の風景

    149.  ↑2015年10月14日の風景

    150.  ↑2015年10月21日の風景

    151.  ↑2015年10月28日の風景

    152.  ↑2015年10月30日の風景

    153.  ↑2015年11月18日の風景

    154.  ↑2015年11月20日の風景

    155.  ↑2015年11月25日の風景

    156.  ↑2016年1月13日の風景

    157.  ↑2016年1月20日の風景

    158.  ↑2016年2月2日の風景

    159.  ↑2016年3月27日の風景

    160.  ↑2016年3月31日の風景

    161.  ↑2016年10月25日の風景

    162.  ↑2016年10月26日の風景

    163.  ↑2016年11月1日の風景

    164.  ↑2016年11月2日の風景

    165.  ↑2017年1月28日の風景

    166.  ↑2017年4月26日の風景

    167. あるComputer Musicとの関わり方

    168. 聞き取りくん

    169. インタラクティブ・マルチメディア作品 "Asian Edge" について

    170. "Asian Edge"

    171. PCM音源の並列分散処理によるGranular Synthesis音源

    172. インタラクティブ・アートにおけるアルゴリズム作曲と即興演奏について

    173. Hyper Pipa

    174. 「サイバー楽器」のシステムデザインについて

    175. Workshop in Paris

    176. Chaos理論の応用

    177. インタラクティブ・メディアアートのためのヒューマンインターフェース技術造形

    178. 壊れたPCを救おう

    179. GDS (global delayed session) Music

    180. GDS Musicの拡張モデルについて

    181. 3石テレミンなど

    182. 脳波センサ・心拍センサ

    183. 静岡文化芸術大学スタジオレポート

    184. SUACにおけるメディアアート活動の報告(2000-2001)

    185. メディアアートフェスティバル2002開催報告

    186. NIME04/MAF2004開催報告

    187. 欧州のComputer Music研究の状況報告

    188. 作品"Virtual Reduction"の楽譜

    189. 作品"The Day is Done"の楽譜

    190. 作品"Ogress"の楽譜

    191. 作品"Visional Legend"の楽譜

    192. PIC de MIDI

    193. (続) PIC de MIDI

    194. MIDI音源の発音遅延と音源アルゴリズムに関する検討

    195. Multimedia パフォーマンス作品 "Muromachi"

    196. Granular Synthesisの音響パラメータの検討とその制御

    197. 絶版著書・在庫処分します

    198. オリジナルCDの頒布について

    199. NIME04論文集・NIME04キット 等の頒布について

    200. A Compositional Environment with Intersection and Interaction between Musical Model and Graphical Model --- "Listen to the Graphics, Watch the Music" ---

    201. "MIBURI-Sensor"の製作

    202. "Improvisession" : ネットワークを利用した即興セッション演奏支援システム

    203. Composition of "Visional Legend"

    204. ビデオマトリクス・スイッチャ

    205. 生体センサによるパフォーマンスとシステムの遅延/レスポンスについて

    206. Photo Report of 2nd Computer Music Independent Concert 1998

    207. Kymaの新しいホスト

    208. MIDIカウンタディスプレイ

    209. Real-Time Interactive Performance with Computer Graphics and Computer Music

    210. 各種言語によるプログラミング例

    211. 「広義の楽器」用ツールとしてのMIDI活用

    212. JACOM Concert in SEOUL 1997

    213. 楽音合成技術

    214. Interactive Multimedia Art with Biological Interfaces

    215. "Improvisession-II" -- a performing/composing system for improvisational sessions with networks

    216. Interactive Multi-Media Performance with Bio-Sensing and Bio-Feedback

    217. Bio-Sensing Systems and Bio-Feedback Systems for Interactive Media Arts

    218. Combined Force Display System of EMG Sensor for Interactive Performance

    219. GDS (Global Delayed Session) Music --- new improvisational music with network latency

    220. Drawing-in effect on perception/cognition of musical beats and visual beats

    221. Controlling Scanned Synthesis by Body Operation

    222. Measurement of Latency in Interactive Multimedia Art

    223. ノイズとフィルタの関係を目と耳で体験しよう

    224. ロボットアーム製作記

    225. LEGOロボットを作りました

    226. お掃除ロボット

    227. "Cybot"を作ってみました (1)

    228. "Cybot"を作ってみました (2)

    229. "Cybot"を作ってみました (3)

    230. "Cybot"を作ってみました (4)

    231. Computer Musicもろもろ

    232. アルゴリズム作曲における非周期的ルールの考察

    233. メディアアートにおける画像系の制御について

    234. 著作権フリーBGMのための新提案 - FMC3からの発展 -

    235. 音楽・映像・インタラクション

    236. Photo Report of Kyma Users(1)

    237. Photo Report of Kyma Users(2)

    238. Photo Report of Kyma Users(3)

    239. Photo Report of Kyma Users(4)

    240. 「あらえっさっさ」の日記

    241. ある10日間の行動予定

    242. 「ある10日間」その実際

    243. 音群技法による音楽作品のための演奏支援システム

    244. 音律組織の特性評価システムに関する一考察

    245. An Experiment of Computer Music : Psuedo Granular Synthesis

    246. Chaotic Interaction Model for Hierarchical Structure in Music

    247. Virtual Musicianにおける演奏モーションの情報処理

    248. Attractor Synthesisによる楽音合成システムの検討

    249. マルチメディア・ワークステーションを用いた情報基礎教育の試み

    250. 画像情報と統合されたコンピュータ音楽創造環境の構築

    251. マルチメディア・アート開発支援環境における生成系エージェントのための制御構造モデル

    252. ネットワーク上で相互作用するアルゴリズム作曲系を用いた音楽教育システム

    253. ネットワーク上の分散マルチメディア環境とセンサを活用した即興セッションシステム

    254. ハード音源/ソフト音源のMIDI発音遅延と音楽心理学実験環境における問題点の検討

    255. [サイバー楽器]のシステムデザインについて

    256. メディア・インスタレーションを用いたインタラクティブ・パフォーマンスについて

    257. 生体センサによるパフォーマンスとシステムの遅延/レスポンスについて

    258. 新しい Polyagogic Graphic Synthesizerの実現に向けての検討

    259. An Experiment of Real-Time Control for "Psuedo Granular" Synthesis

    260. コンピュータ音楽

    261. Neural-Network Control for Real-Time Granular Synthesis

    262. Chaotic Interaction Model for Real-Time Composition

    263. 新世紀メディアアートフェスティバル2001

    264.  ↑その記録

    265. メディアアートフェスティバル2002

    266.   ↑その記録

    267. メディアアートフェスティバル2003

    268.   ↑その記録

    269. メディアアートフェスティバル2004

    270.   ↑その記録

    271. メディアアートシンポジウム2005

    272.   ↑その記録

    273. メディアアートフェスティバル2006

    274.   ↑その記録

    275. メディアアートフェスティバル2007

    276.   ↑その記録

    277. メディアアートフェスティバル2008

    278.   ↑その記録

    279. メディアアートフェスティバル2009

    280.   ↑その記録

    281. メディアアートシンポジウム2010

    282.   ↑その記録

    283. Computer Music関係イベント案内95-99

    284. Kyoto Media Art Week '96

    285. 自然と人間とコンピュータ音楽

    286. 人間の感性とコンピュータ音楽

    287. Computer MusicとMedia Artの現状と可能性

    288. 相愛大学音楽研究所ワークショップ

    289. 相愛大学音楽研究所公開講座レクチャーコンサート

    290. 相愛大学公開講座2002

    291. 神戸山手での授業風景1994

    292. 神戸山手女子短期大学音楽科ワークショップコンサート

    293. ICMC1992レポート

    294. ICMC1992-95レポート(bit)

    295. ICMC1993レポート

    296. ICMC1994レポート

    297. ICMC1997レポート

    298. ICMC1998レポート(bit版)

    299. ICMC1998レポート(私信版)

    300. Photo Report of Kyma User Group at ICMC1998 Michigan

    301. 同時進行的1999北京国際電脳音楽会議私的報告

    302. ICMC2000 Workshop

    303. ICMC2000フォトレポート

    304. 2001 ヨーロッパツアー

    305. Photo Report of Europe Tour 2001

    306. 欧州ツアー2001

    307. 電力品質(Power Quality) 視察ツアー2002

    308. New York Tour 2003

    309. NIME03レポート

    310. モントリオール旅行記2003

    311. ICMC2003レポート

    312. 電力品質(Power Quality) 視察ツアー2003

    313. NIME04レポート

    314. Sabbatical 2004

    315. NIME05レポート

    316. 欧州ツアー2005

    317. NIME06レポート

    318. 2007台湾ツアー

    319. NIME07レポート

    320. 欧州ツアー2007

    321. スケッチング2008レポート

    322. NIME09レポート

    323. スケッチング2009レポート

    324. 欧州ツアー2009

    325. NIME2010レポート

    326. ロシア2010レポート

    327. NIME2011レポート

    328. ICMC2011レポート

    329. スケッチング2012レポート

    330. 欧州ツアー2012

    331. スケッチング2013レポート

    332. 欧州ツアー2013

    333. 欧州ツアー2014

    334. スケッチング2015レポート

    335. SI2015レポート

    336. 桜づくし

    337. 屋久島に行きました

    338. また屋久島に行きました

    339. 沖縄に行ってきました

    340. また沖縄に行きました

    341. またまた沖縄に行きました

    342. またまたまた沖縄に行きました

    343. またまたまたまた沖縄に行きました

    344. またまたまたまたまた沖縄に行きました

    345. またまたまたまたまたまた沖縄に行きました

    346. またまたまたまたまたまたまた沖縄に行きました

    347. またまたまたまたまたまたまたまた沖縄に行きました

    348. またまたまたまたまたまたまたまたまた沖縄に行きました

    349. またまたまたまたまたまたまたまたまたまた沖縄に行きました

    350. またまたまたまたまたまたまたまたまたまたまた沖縄に行きました

    351. またまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまた沖縄に行きました

    352. またまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまた沖縄に行きました

    353. またまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまた沖縄に行きました

    354. またまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまた沖縄に行きました

    355. またまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまた沖縄に行きました

    356. またまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまた沖縄に行きました

    357. またまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまた沖縄に行きました

    358. またまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまた沖縄に行きました

    359. 桂浜と四万十川

    360. 鳴門の渦潮

    361. 雪の大垣

    362. 初めての函館

    363. 倉敷で癒されました

    364. 初めての長崎

    365. 新潟・佐渡

    366. 京都・時代祭

    367. 冬の北海道

    368. 京都・葵祭

    369. 札幌から神戸へ

    370. 京大合唱団 同窓会2011

    371. 五島列島・福江島

    372. C56と長島ダム

    373. 夏の金沢

    374. 冬のニセコ

    375. 3度目の函館

    376. 2014夏・国内ツアー・初めての広島

    377. 初めての日田

    378. 初めての松山

    379. 初めての最北端と礼文島と利尻島

    380. 音楽情報科学研究会例会発表一覧(任意団体当時)

    381. 音楽情報科学研究会例会発表一覧(1993-1997)

    382. 「音像メディア論」学生レポート集

    383. 音像メディア論 2001 2002 2003 2004 2005

    384. 授業を変えれば大学は変わる?

    385. パノラマ写真(QuickTime VR)

    386. インターネットで遊ぼう

    387. 「USBと遊ぼう」日記

    388. モーフィング

    389. 不思議な物体

    390. 「葉から芽」日記

    391. 夏休み・理科の実験(1)

    392. 夏休み・理科の実験(2)

    393. 夏休み・数学の実験

    394. すごい虹を見ました

    395. 富士山が見えました

    396. 元写真少年の初歩テクニック

    397. 10万桁の「π」

    398. 100万桁の「π」

    399. 「Java & AKI-80」のリスト集

    400. 「マイコン技術者スキルアップ事典」復刻

    401. 「Java & AKI-80」復刻

    402. 「コンピュータサウンドの世界」復刻

    403. 「電子回路とノイズ対策がわかる本」のイラスト生原稿集

    404. HCE

    405. 真空管のクールな音

    406. ロジック・プログラミング入門

    407. AKI-H8 CPU Hardware Manualより

    408. あるJava本

    409. Seminar in Seoul 1994

    410. Seminar in Seoul 1995

    411. プロ電子技術者のコモンセンス

    412. 雑誌取材掲載記事より

    413. また新聞に載りました

    414. 「毎日小学生新聞」に載りました

    415. 「Diva」4号に載りました(^_^)

    416. 通信ネットワークにおける(^_^)の活用法

    417. 楽典

    418. 2001年5月8日。今日は何の日?

    419. 武田芳治さんの「17音平均律の提案」

    420. 電源のノイズを見てみよう

    421. パソコン電源ラインのノイズ調査

    422. パソコン室配電盤のノイズ調査

    423. Creative Commons関係リンク集

    424. 音情研発表記録資料

    425. 身体に加わる加速度とサウンドの音像移動に関する心理学実験