スケッチング2015

2008年の Sketching2008 、2009年の Sketching2009 、2012年の Sketching2012 、2013年の Sketching2013 に続いて5回目のSketching2015に参加してきました。 会場は米国アリゾナ州のツーソンにあるアリゾナ大学の研究施設、Biosphere 2 でした。 プレゼンは ここです。 ★をクリックして別ウインドウで開いた写真を閉じずに、さらに★をクリックすると中身が変わります。

7月30日(木)

朝に研究室でパッキングしてバスで浜松駅へ、新幹線で品川へ、NEXで成田空港駅へ

成田空港へ。ラウンジで一息いれて

いざ出国、ロスへ

10時間半のフライトでロサンゼルス空港に到着。ここから乗り継ぎ便まで7時間ほどあるので、Day Rateで空港近くのホテルでシャワーを浴びて休憩しました

夕方になって、ホテルのシャトルで再びLA空港へ

出発予定のターミナル8に行ってみると、19時台半ばに飛ぶはずのTuscon行きが「22時」となっていてさらにゲートで待たされることに。 夕食を兼ねて飲んでいると、さらに2度に渡って搭乗ゲートが変更されてさらに遅れるとのことで超不安

ようやく22時過ぎにTuscon行きのフライトに乗り、到着したのは24時過ぎです

タクシーより安いというBioshoere2に直行してくれるというStageCoachの24Hカウンターに行くと、車が来るまで30分待てとのこと。 やっとクルマが来て、たくさん乗れるところに1人だけで1時間以上、なんとか無事にBioshoere2に到着、部屋に入れたのは午前2時半(^_^;)

7月31日(金)

いよいよSketching初日の朝、朝食会場のカフェへ

いよいよSketching2015のスタート。最初は主催者のMikeのトークから

この日の午前に、参加者を2グループに分けて、Bioshoere 2のスタッフが、通常のツアーと違って内幕を見せつつ解説してくれる、というバックステージツアーが企画され、先発隊としてツアーに行きました

帰ってきて後発隊が出発し、ランチの後に発表の準備などしました

僕の発表も無事に終了です(撮影:Mike)

以下はNoah feehan氏の写真です

さらに午後のセッションが続きます

初日の夕食は、B2にて

8月1日(土)

2日目の朝、好天

SparkFunのCEOのNathan Seidle氏が、昨日、僕が渡した筋電センサ回路を基板設計完了していました。 おいおい世の中に出てくるかもしれません

いよいよ2日目の午前のセッションの開始

昼食をへて

いよいよ2日目の午後のセッションの開始です

そして、我らがSparkFunのCEOのNathan Seidle氏のプレゼンです。 昨日、僕が渡した筋電センサ回路を既に基板設計まで出来たよ、と冒頭に紹介し拍手を受けて、プレゼンタイトル「BBBBBBBBB」も、いつものように快調でした YouTube動画

さらに午後のセッションが続きます

これでこの日のセッションは終了、バスで夕食に向かいます

2日目の夕食はメキシカンレストランでした

B2に帰ってきて2日目が終わりました

8月2日(日)

Sketching2015最終日。いい天気です

ついに最終日のセッション開始です 内職で上げたYouTube動画

次の発表はショッキングでした。Kicstarterでファンドを獲得して開始したプロジェクトが失敗した詳細を告白するという衝撃の報告(^_^;)   その幻のKickStarter   タイトル「パンドラの箱」を調べてYouTubeにあげた動画

衝撃の余韻も覚めやらぬままに午前の最後のプレゼン

ランチは天気のいい外で

いよいよ最後の午後のセッション

参加者全員のプレゼンが終わり(Sketchingは全ての参加者が「未発表の新ネタ」を必ず発表)、いよいよ最後の「Science Fair」、つまりそれぞれが自分の成果をデモ発表しつつそれぞれのデモを見て議論する、というイベントです。 僕の持参した「うにうにセンサ」が好評だったのは、体験している皆んなの顔を見れば分かるでしょう(^_^)

クロージングディスカッション

ここで送迎ワゴンの時間となり退出、ツーソン空港に向かいました

翌朝7時のフライトのために、空港に超至近のホテルに泊まり、アリゾナ最後の晩に美味しいステーキを堪能

8月3日(月)

いよいよ帰国の日、朝5時に起きて6時にホテルを出ると5分後には空港に到着

1時間ほど遅れて(^_^;)ようやく機内へ   また機影の撮影に成功

サンフランシスコ空港に到着、成田へのフライトに乗り継ぎ

いよいよANAの機内へ

8月4日(火)

暑い暑い成田空港に到着、成田エクスプレス→新幹線の切符を買ってから着替えて「ガリガリ君」をいただきました

品川駅で新幹線に乗り換え

浜松に帰着、研究室へ

・・・お疲れさまでした。(^_^)