また新しい楽器を目指して (3)