ICMC2011フォトレポート



Max Mathews, ICMC2000

ここ にあるように、1991年以来、これまで何度も参加している、Computer Musicの国際会議 ICMC2011 に、研究発表が採択されて参加しました。 今年の開催場所はマンチェスターから近いHuddersfieldにある、University of Huddersfieldでした。 ICMC2011は、世界のComputer Music研究を60年近くにわたってリードしてしてきた、 Max Mathews博士(Max/MSP/jitterの名前の由来)が亡くなった年のICMC、として記憶されることになりました。 Max Mathews博士の生き生きとしたICMCでの模様は、 ここ にあります。 今回は、日記としては SuperCollider日記(5)Processing日記(4) に日々、書いていたので、ここは淡々と写真だけです。

2011年7月30日(土) SUAC → セントレア

大学院入試の口頭試問面接があるために、ICMC2011の初日からの参加を断念して2日目から参加することになりました。 この日は入試業務を終えて、大学から前泊のセントレアまでです。

2011年7月31日(日) セントレア → 成田 → ロンドン → マンチェスター → Huddersfield

いつものように朝イチのフライトでセントレアから成田へ、そしてロンドン・ヒースロー空港へ(ターミナル移動は電車)、そしてマンチェスター行きに乗り継ぎ、マンチェスター空港からHuddersfieldまで電車、という長い長い1日(セントレアのホテルを出たのが朝7時で、Huddersfieldの宿舎に到着したのは現地の時計で23時過ぎですが、日本時間はこの時点で翌日の朝8時)でした。 詳しくは ここここ をどうぞ。

2011年8月1日(月) University of Huddersfield

ICMC2011の初日です。 実際には前夜のOpening ConcertからICMC2011は始まっていますが、 僕が参加したのはこの日からです。 詳しくは ここここ をどうぞ。

2011年8月2日(火) University of Huddersfield

ICMC2011の2日目です。 自分のposter発表も無事に終わりました。 詳しくは ここここ をどうぞ。

2011年8月3日(水) University of Huddersfield

ICMC2011の3日目です。 バンケットではヨークシャー彫刻公園に出かけました。 詳しくは ここここ をどうぞ。

2011年8月4日(木) University of Huddersfield

ICMC2011の4日目です。 ICMCはあと1日ありますが、SUACのオープンキャンパス(8/6-7)の2日目だけでも出るために、 最終日に出ないで翌日は帰国となるので、これが自分としてはICMC最終日になりました。 アジア・オセアニア地区の参加者によるランチミーティングがありました(^_^)。 詳しくは ここここ をどうぞ。

2011年8月5日(金) Huddersfield → マンチェスター → ロンドン →

朝にHuddersfieldを出て、電車でマンチェスター空港へ、さらにロンドン・ヒースローに飛んで、成田へのフライトまでです。 詳しくは ここここ をどうぞ。

2011年8月6日(土) → 成田 → セントレア → 浜松

帰りのe-wingまでです。 詳しくは ここここ をどうぞ。