Max前夜

長嶋 洋一


ちょっと資料探しをしていたら、1990年1月の「暫定情報 [Max]」という のが出て来ました。 Computer Musicの世界標準プラットフォームとして愛されている Max/MSP/Jitterの、その最初のMaxがまだ発表される以前の 予告アナウンスです。

思えば、この少し前に、作曲家・中村滋延師匠の自宅スタジオで、IRCAMの シャボー・グザビエさんから「まだ発表していないケド」と言いながら 見せていただいたFD1枚に入るMacのソフトが、このMaxでした。 それはそれはブッ飛んで、いやーこりゃ凄いものが出るぞ、これで もう打ち込みとか電子楽器とかはオシマイだぁ、と衝撃を受けた最初の きっかけだったように思います。

このアナウンスからすでに13年半も経過しているのに、その基本的な コンセプトと先進性はいまだ光っている、というのは素晴らしいことだと 思います。 そして、このMaxに早い時期から触れたことを幸せに思います。