初めての岡山・後楽園


先々週のお茶女での 音楽情報科学研究会、 先週の阪大での エンタテイメントコンピューティング研究会 に続いて、5月25-26日には日本音楽知覚認知学会春季研究発表会での発表参加のため、岡山大に行きました。 岡山駅は四国に行ったり倉敷に行ったりした時にいつも乗り換えているのですが、実際に岡山市内に出るのは初めてとなりました。 2日目の研究会は昼過ぎに終了ということで、市内にある日本3大庭園の一つ、後楽園に行きました。 出身地の水戸の偕楽園と、息子が4年間いた金沢の兼六園はよく知っていますが、ようやくこれでフルコンプしました。 以下、写真または「★」をクリックして別ウインドウで開いた写真を閉じないでおいて、さらにクリックすると、その別ウインドウの中身が変わります。

いつものように自宅からバスで浜松駅、そして新幹線。

岡山に着いて、バスで岡山大キャンパスへ。

今回は、音知学会の小川先生の、岡大音楽学部が会場です。

いよいよ研究会が始まりました。僕は初日の最後のセッション、大御所の大串先生の次でした(写真ナシ(^_^;))。

初日の研究会が終わり、皆んなでキャンパスをゾロゾロと移動。

生協会館での懇親会です。トリはオペラ「オーソレミヨ」でした。さすが音知学会。

繁華街のド真ん中、大雲寺に宿を取りましたが、そのホテルの隣りになんとカラオケバーが(^_^;)。

2日目の朝となりました。この日は午後に身軽に後楽園に行くため、路面電車で岡山駅に行って荷物を預けました。

いよいよ2日目の研究会です。いろいろ勉強になりました。

無事に2日間の研究会も終わりました。岡山大の皆さん、小川先生、お世話になりました。

岡山駅からバスで後楽園を目指します。 岡山市内のバスは何故か、いちいち「天満屋」というところに立ち寄らないとイケナイらしく、バスはグルグルと遠回りします。

そして、後楽園です。ゆっくり歩いてまったりしました(^_^)。偕楽園とか兼六園に比べると、かなりこぢんまりと小さいので、市民の散歩にはいいのかもしれません。「年間パスポート」(2000円。1回の入場料は400円)の意義を実感しました。

バスで岡山駅に戻り、お土産を仕入れて、帰りました。