第12期「虎の穴」募集


「虎の穴」とは

  1. 概要

    1. 2002年8月下旬( 8/17 - 8/27 [予定])に、SUACを 舞台として開催される、「 メディアアートフェスティバル(MAF)2002」での中心的スタッフ。 一般的には「虎」は技術造形学科学生が中心だが、この虎はコアスタッフや 照明音響専門スタッフについては全学科学生を対象として、意欲ある参加を 期待する。

    2. 2001年8月に開催した「新世紀メディアアートフェスティバル」については ここに、その記録については ここにある。ただし去年と今年は 基本的には別個のイベントであり、特にコアスタッフは、ほとんど長嶋の頭に青写真が あった昨年と違って、新たに企画そのものから関与する。 詳しい話を聞きたい場合には 長嶋予定を調べて電話(内線6215)で アポを取り、研究室に来ることも歓迎。

  2. 「12虎」を構成する3部門について

    • コアスタッフ
      プロジェクトマネジメントの中枢となる少人数精鋭グループ。スケジュール検討、 各部門リーダーの統括、その他イベントプロデュースの全てを共同で実現。 ほぼ毎週1回のミーティングにより全体を推進する。チラシ、ポスター、 プログラムの編集作成も担当。芸術文化学科学生なども熱烈歓迎。(^_^)

    • 照明音響専門スタッフ
      コンサート、「瞑想空間」企画、タイアップ企画、ライブ、等の照明・音響に 関する特別スタッフ。何度かの特訓を経てこれらの専門テクニックをマスター し、本番では一般スタッフをまとめてイベントの裏方を担当する。専門知識を 得られる上に、実際に機材を駆使してライブを実現する手応えがある。

    • インスタレーション作家部門
      イベントの期間中、ギャラリーで行う「インスタレーション・ギャラリー」に 作家として作品を展示発表する、という参加形態。応募多数の場合には グループ化・選抜もある。最初からグループを組織して代表者がエントリー しても、個人参加を前提に申し込んでも、とりあえず参加申し込みをした複数 で(ミーティングで相談して)グループを構成して参加しても、いずれでもOK。 工房での優先的制作・機材の優先利用・材料費等補助などのメリットの一方で、 交代で展示スタッフとしてギャラリーに詰める必要がある。

  3. 参加表明、顔合わせ

    1. 参加表明応募期限 : 2002年4月26日(金)

    2. 参加表明応募方法 : アポを取って1106研究室まで応募用紙に記入しに 来ること。応募多数の場合には後日、ミーティングにて相談(選抜?)する。

    3. 参加条件
      • 作家/プロデューサーのデビューを狙う夢があること
      • 前向きの意欲と情熱があること
      • スケジュールに合わせて都合をつけられること

    4. 第1回ミーティング : 2002年4月29日(月・祝)予定