「サウンドデザイン」と「音楽情報科学」の追い込み