またまた新楽器を目指して(1)