第5世代を目指して (4) - 治具作り