上空から母校を発見(^_^)


欧州ツアー2012 の帰り、ミュンヘンから成田へのフライトの帰国直前、ルートがちょうど茨城県の上空を縦断し、 たまたま窓から、なにやら見慣れた形が・・・そう、それは間違いなく千波湖でした。 デジカメ写真を後で確認すると、懐かしい母校が写っていました(^_^)。 フライトから下界に見知った場所を確認するのは、よほど雲や靄が少なくて、 さらにその現地のぴったり上空を飛ぶ、という条件が重なるチャンスに限られます。 過去には、 上空からの富士山 、 親父が胎内に眠る 牛久大仏、 プロペラ機(高度がジェットの半分の5000m)から見えた、 エコパスタジアム天竜川、 そしてSUAC 佐鳴湖、 ぐらいなものでした。


あの輝くのは千波湖、そして蛇行するのは那珂川


母校の茨城大付属小(旧水戸城二の丸)、水戸一高(旧水戸城本丸)がクッキリと見えました


ちょっと遠いですが母校の茨城大付属中はここ。Google Mapで確認しました


そしてフライトは水戸を通過していきました