ハンダ付けが出来てこそ「技術造形」